ビルを所持しているなら省エネすればコスト削減

工事

実績のある業者に依頼

マンションの大規模修繕工事は、快適に住むために必要な工事です。依頼する業者の選定ポイントは、実績があるかどうかです。居住者がいる状態で工事をするため、安全面に配慮が必要ですし、気配りも重要となってきます。費用の相場は、条件によって違ってきますが、大体戸数×100万円位と考えると良いでしょう。

地球に優しい会社になろう

ビル

経費削減のアイテムとして

今、多くの企業では経費削減が大きな課題となっています。少ない予算で最大の効果を上げることが多くの企業の共通問題といっても過言ではありません。近頃、経費削減の有用なアイテムとして注目されているのが省エネです。省エネの具体的な方法やそのメリットについて説明していきましょう。省エネの具体的な方法として挙げられるのが節電です。光熱水量の中でも最も使用度が高いのが電力量のため、その消費量を押さえれば経費削減の効果は十分に期待できます。昼休み時間における消灯や蛍光灯の間引き、定時退社の導入が有効な方法と言えます。また最新型の空調設備を導入するのも効果的です。電力の消費量が特に高いのが空調設備です。最新型の空調設備は消費電力が比較的少ないため、かなりの経費削減が可能となります。このほか、節電を呼びかけるポスターを掲示する、光熱水量の使用データを共有することで節電に対する意識を高める、といった方策もあります。省エネによるメリットとしては、経費削減のほか地球温暖化の防止にも繋がります。エネルギーを多く消費すると二酸化炭素などの熱が放出され地球が温暖化されてしまい、異常気象など様々な問題を引き起こします。こうしたことを防ぐために省エネの導入は非常に重要といえます。なお、省エネはビルに入居するすべての企業が実施しなければ効果がありません。1つの企業のみがビルに入居している場合にはその企業だけで推し進めていけますが、複数の企業がビルに入居している場合には連携を取って進めていく必要があります。このためビル内で省エネに関するプロジェクトチームを形成するなど、企業の垣根を超えた戦略が望まれることとなります。

電球

電気を選んで買う

PPSは、電力の小売自由化に伴って新たに登録された電力供給事業者です。既存の事業者よりも割安な価格で電気を販売しているところが多いので、導入すれば光熱費の節約になります。新たな工事費用等は発生しません。

工事現場

資産価値を維持する方法

中型のオフィスビルの大規模修繕工事費用は、3000万円から5000万円が標準的であり、目的別にプランを選ぶのがポイントです。施工実績に注目すると、質の高い工事を行ってくれる業者を選ぶことが可能であり、情報サイトを活用するのが良い方法です。