ビルを所持しているなら省エネすればコスト削減

電気を選んで買う

電球

光熱費の節減に貢献

2016年4月からスタートした電力の小売自由化により、一気に注目度が高まってきたのがPPSです。PPSとはPower Producer and Supplierの略で、一般には新電力会社と呼ばれています。これまで地域ごとに独占的に電力を供給していた一般電気事業者に加えて、新たに電力の小売を行うようになった事業者の一群を指す言葉です。PPSの存在によって、一般家庭や企業等は電力の供給者を自由に選べるようになりました。PPSは2017年4月現在で全国に400社近くあり、それぞれが自由競争の下に営業活動を行っています。したがって、電力会社を既存の事業者からPPSに変更することにより、月々の電気料金を安くできるチャンスがあります。PPS各社はそれぞれ独自の料金プランを持っており、使用電力量が一定以上になると単価を大きく下げたり、時間帯ごとの細かな割引制度を設けていたりします。そのため、自家あるいは自社における電気の使い方とうまくマッチしたプランを選べば、光熱費を大幅に節減できる可能性があります。PPSの導入方法は非常に簡単で、各事業者または代理店に利用申込みを行い、料金プランを選んで契約するだけです。送電網は既存の事業者のものを使うので、工事はメーターの交換だけです。交換費用は発生しません。なお、太陽光発電などの自家発電システムを持っている利用者にあっては、契約時に売電制度についてもチェックしておくと、導入後の経済効果がさらに高まります。PPSの中には、既存の事業者よりも高い料金で余剰電力の買取を行っているところがあります。